[モンペリエ(フランス) 13日 ロイター] - サッカー女子のブラジル代表マルタ(33)が13日、ワールドカップ(W杯)フランス大会の1次リーグ、オーストラリア戦で1得点を挙げ、W杯5大会でゴールを決めた史上初の選手となった。

キャプテンマークを巻いて出場したマルタは前半27分にPKを沈め、ブラジルに先制点をもたらした。同選手は2003年の米国大会から5大会連続で出場しており、これでW杯通算16得点。

なお、この試合でブラジルはオーストラリアに2─3で敗れた。