[14日 ロイター] - ほとんどの人は制汗剤で過度の体臭を防ぐことができるが、体臭との戦いに勝てない人にとって画期的な製品が開発された。

体に良い働きをする生きた細菌が埋め込まれた、未来型のボディスーツ「スキンII」。デザイナーのロージー・ブロードヘッド氏は「体臭の原因は汗ではなく、細菌だ」と指摘した上で、ボディスーツについて「体臭を減らしてくれる細菌を繊維に組み込んだ」と説明する。

これには、脇の下や背中の上部など、汗をかきやすい部分の生地に共生細菌が埋め込まれている。細菌は体の水分に触れると活性化する性質があり、着ている人が汗をかくと、皮膚で繁殖し細菌叢を作る。これで臭いがしにくくなるという。

ブロードヘッド氏は「このような微生物叢の変化は、体臭を軽減し、細胞の再生を促し、皮膚の免疫系に非常に良い効果をもたらす」と述べた。

デザイナーらは現在、新しいスポーツウエアへ利用し商品化する計画を立てている。