長期にわたり、各地の「道の駅」の駐車場を転々とする「車中生活者」がいる。それぞれに異なる深刻な事情を抱え、遠ざかるように暮らす車中生活者たち。彼らの姿は、社会に何を問いかけるのか。