[ロンドン 10日 ロイター] - 男子テニスの年間成績上位8選手で争われる今季最終戦、ATPツアー・ファイナルが10日にロンドンで開幕。シングルスの1次リーグB組では世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(32、セルビア)が初戦白星を飾った。

四大大会16勝のジョコビッチは、イタリア人選手として1978年以降初めてシーズン最終戦に挑んだマッテオ・ベレッティーニ(23)を6─2、6─1のストレートで下した。

ジョコビッチは「2007年に初めてファイナルに出場したときのことを覚えている。1次リーグで3戦全敗だった」と述べ、「緊張していた。何年もトップレベルでプレーしている選手たちの中でベストを出さなければならず、精神的に大きなプレッシャーを感じた。私たちはそれを経験している」と、対戦相手に思いやりを見せた。

同組のもう1試合では、世界3位で同大会6回優勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス)が同5位のドミニク・ティエム(オーストリア)と対戦し、5─7、5─7で敗れた。

大会は10日から17日にかけて行われ、1次リーグ各組の上位2名が準決勝に進む。