梅雨前線や台風などによる大雨や短時間強雨が発生すると、川の水位が上昇し、氾濫の危険性が高まります。そのため、川の水が溢れる前の避難行動は必要不可欠となります。