新型コロナウイルスの院内感染が起きた大阪府の医療機関5カ所で計35人の患者が死亡し、府内全体の死者の4割超を占めたことが分かった。専門家は「基本的な院内感染対策の徹底が重要になる」と指摘する。