阪神・淡路大震災の発生から17日で25年。次世代を担う子どもたちに語り継ぐ役割を果たしている学校現場でも、震災以後に生まれたり、幼くて記憶にない教職員が増え、苦悩する声も聞こえる。