[バルセロナ 13日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、ふくらはぎの故障で戦列を離れているエースのリオネル・メッシについて、あと2試合は欠場する見込みを示した。

メッシは米国でのプレシーズンツアー前、トレーニング中に負傷。当初は数週間のみの離脱が見込まれていたが、今季はまだ1試合も出場していない。

バルベルデ監督は記者会見で、「最初は回復までに多少時間を要するだけに思えたが、彼の傷が少し開いてしまったので、まだかかると考えている。見通しを立てることはしないが、火曜日の出場は難しいだろう」とコメント。メッシは、14日に行われるバレンシアとのリーグ戦、17日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのドルトムント(ドイツ)戦を引き続き欠場する見込みとなった。

エースを欠いた王者バルセロナは、今季リーグ戦開幕から1勝1分け1敗で勝ち点はわずか4ポイントしか得られておらず、首位アトレチコ・マドリードとは同5差の8位に沈んでいる。