新型肺炎の影響で観光客が激減している京都市右京区・嵐山周辺の商店主らが、閑散ぶりを逆手にとった誘客キャンペーンを14日から開始。商店主らは「今なら、本来の嵐山の姿を味わってもらえる」。